税務調査の行われる時期と流れとは?

税務調査の経験がない経営者は、「いつ行われるのか?」「実施される場合どういった流れとなるのか?」など、様々な疑問を感じるものではないでしょうか?そういった不安をお持ちでしたら、千代田区にあるタックスコンサルティングへご相談ください!国税局・国税庁出身の税務コンサルタントが、税務調査にお困りの中小企業様を手厚くサポートいたします。こちらでは、税務調査が行われる時期と調査の流れに関して解説しておりますので、ぜひご一読ください。

税務調査が行われる時期とは?

税務調査が行われる時期とは?

税務調査が行われる時期は、特に決まっているわけではありませんが、一般的には9月から12月に行われるケースが多いです。税務行政は、7月1日から翌年の6月30日を、一つのサイクルとして活動しています。

基本的には、このサイクルに合わせる形で申告書を確認した後に、9月から実地調査を行います。1月からは所得税の確定申告が始まるので、1月から3月は、頻繁に税務調査は行われない傾向にあります。

一般的な中小企業では、1回の税務調査で3年分を調べるパターンが多いです。そのため、3年に1度行われるケースがほとんどです。

しかし、これらはあくまで目安であり、「税務調査はいつ行われてもおかしくない」という意識で常に万全の準備をしておくことが大切です。税務調査の対応はご自身のみでは厳しいと感じる場合は、税務コンサルタントがお力になれます。お困りでしたら、遠慮なくご相談ください。

税務調査の流れ

税務調査の流れ

一般的な中小企業では、2日間かけて税務調査を行うパターンが多いです。税務調査の大まかな流れとしては、主に以下の通りです。

初日

まず行われるのが、会社の概要などに関する質問です。雑談のような感じで、質問が行われます。この時に、あまり余分な話を続けてしまうと時間が長引く可能性があるため、質問されたことだけに答えるようにしましょう。

会社の概要に関する質問が終われば、営業取引から税務調査が行われるのが一般的です。営業取引の税務調査では、売上・仕入・在庫などに関して調べるのがメインとなります。

2日目以降

2日目以降は、営業取引の続きから始まり、人件費や経費の調査に入って行くのが、一般的な流れとなります。商品やサービスの流れを書類でスムーズに説明できるよう準備しておくと、税務調査がスピーディーに進みます。

千代田区で税務調査に関してお困りの方は、タックスコンサルティングにご連絡ください。千代田区を中心に、税務調査に関するご相談を随時承っています。国税局・国税庁出身の経験豊富な税務コンサルタントが、税務調査や節税対策など、税務に関わる様々な業務をサポートいたします。実は税務調査が一番強いところで、当社の強みとしては税務調査が腕の見せ所です!これでもう税務調査は怖くありません…!!

税務調査で起こりうる複雑な解釈の食い違いについては、税務当局にきちんと説明し、不当な課税が生じないよう適切に対処いたします。
千代田区で税務調査に関するご相談ならお任せください。

千代田区で税務調査にお悩みならタックスコンサルティングへ

会社名 株式会社タックスコンサルティング
住所 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目6−10 プレイアデ神保町502
電話番号 03-3221-1200
FAX番号 03-3221-1203
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
最寄り駅 神保町
アクセス 神保町駅より徒歩2分
ホームページURL https://etax-con.com/
PAGE TOP