相続相談や国際課税相談のタイミングとは?~税理士を選ぶポイントについても解説~

相続に関して悩みがある方は、決して少なくはないでしょう。しかし、いつのタイミングで相談するべきなのか迷う方は多いと思います。また、海外取引のある企業では、国際課税について相談する専門家をお探しのこともあるのではないでしょうか。

今回は、それぞれの相談のタイミングと税理士を選ぶポイントについて解説いたします。

相続相談をするタイミング

相続相談をするタイミング

相続という出来事は誰にでも起こるものです。「私は相続なんてものは関係ないから…」「お隣さんは財産が多いから相続大変ね~」なんて、まるで他人事のようにお話をされる方がいらっしゃいます。

でも誰にでも、どんな方にも“相続対策”は必要になってくるのです!それでも、「相続税って何だか面倒くさそうだし正直普段からあまり話しにくいものだから一体全体何をどこから手を付けていいのかわからない…」という声をよく耳にいたします。

当社では専門の税理士が、あなた様にとって、ご家族の皆様にとって、非常にわかりやすくかつ相続で揉めることの無いように最新のシミュレーションと対策をご用意いたします。

国際課税相談のタイミング

国際課税とは、2国間以上の国際取引に関わる課税のことを指します。通常、税法はそれぞれの国で定められておりますが、国境を越えた取引を行う場合、どちらの国の税法で課税するべきかという問題が生じます。

そのため、各国の課税権の配分を調整し、一つの取引に対して重複して税金がかかる二重課税を排除するのが国際課税の目的です。海外での事業はすべて国際課税に対応し、中小企業であっても海外で取引を行えば国際課税の対象となります。

また、国際課税を考える上ではいくつか注意すべき点があります。海外に設立した子会社との取引において生じる価格を操作し、所得を海外に移転することを防止するための税制として、移転価格税制が設けられております。

グローバル化の進展に伴い、大企業だけでなく中小企業でも海外進出が盛んに行われるようになりました。しかし、規制が強化されている中で適切な国際税務を行わなければ、不要な税負担が生じる事態にも繋がります。リスク低減のためにも税のプロである当社の税理士にご相談ください。

税務相談ができる税理士を選ぶポイント

税務相談ができる税理士を選ぶポイント

税務相談ができる税理士とは、言葉を変えれば信頼できる税理士ということです。依頼する税理士を間違ってしまうと、不用意に多額の税金を払うことになってしまうことも十分にあります。税務相談にふさわしい税理士をしっかり選ぶためにも、以下の2つのポイントは重視しましょう。

法律を守ろうとする気持ちがあるか

たとえいかなる状況であったとしても、違法行為を行うのは論外です。税理士の中には、残念ながら法律を守らない人もいるようです。しっかりと法律を守る姿勢を貫いた上で、どうすべきなのかをアドバイスしてくれる存在こそ、信用に足る専門家といえるでしょう。

タックスコンサルティングは、法令遵守を強く心がけており、はっきりと駄目なものは駄目と言うようにしていますので、違法をせずに済む解決方法をお伝えできます。

近い距離感で一緒に考えてくれるか

上から目線で威圧的に接してくる人に、「気軽に相談しやすい」と思う方はいらっしゃらないでしょう。経営者に近い目線で、親身に対応してくれる税理士の方が信頼しやすいものですし、困った時にすぐに相談できます。

千代田区で税務コンサルを承る税理士に相談したい方は、タックスコンサルティングにご連絡ください。相続税や国際課税など、税務コンサルを行う専門家として千代田区を中心に活動しています。「税務コンサルを利用して良かった」と感じてもらえるように、真摯に対応しますので、千代田区で税務に悩んでいる場合は遠慮なくご相談ください。

千代田区で税務コンサルの利用をご検討中でしたらタックスコンサルティングへ

会社名 株式会社タックスコンサルティング
住所 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目6−10 プレイアデ神保町502
電話番号 03-3221-1200
FAX番号 03-3221-1203
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
最寄り駅 神保町
アクセス 神保町駅より徒歩2分
ホームページURL https://etax-con.com/
PAGE TOP